ジャパンペットセレモニー代表取締役 藤本政光

ジャパンペットセレモニー代表取締役

藤本政光

「家族同様にお見送り」を理念に、人と動物が共生する明るい未来を

この度は弊社のホームページにアクセスいただき、誠に有難うございます。私は、株式会社ジャパンペットセレモニーの代表を務めます、藤本政光と申します。

出身は山梨県上野原市、都心から車で60km程離れた山々に囲まれた自然が豊かなところです。幼少期は隣接する大月市で過ごし、常に動物に囲まれた生活を送ってきました。捨て犬や捨て猫を家に持ち帰り親に怒られ、それでも見捨てる事ができず、我が家の新しい家族として一緒に暮らしておりました。
当時の飼育環境は犬猫ともに放し飼いという、現在では考えられない動物たちにとっては自由奔放な環境だったと思います。
小学生2年から始めた趣味の渓流釣り、常に行動を共にするのは愛犬のワン太郎(甲斐犬)。早朝カブト虫を取りに行く時や友達の家に遊びに行く時など常に一緒でした。
朝から山に入った時の昼休みは、釣りたてのヤマメやイワナを塩焼きにして食べるのが楽しみでした。今の子供達の遊びとはかけ離れた、サバイバル的な遊びが中心でした。

当時亡くなった動物は、簡易的な祭壇を作り、おやつの好物、お花を供え、一晩過ごした後の翌日、庭の木の下に埋葬するというのが定番の葬送でした。私の実家が葬儀社と生花店を営んでいたということもあり、亡くなった動物を見送るというのは自然に身についていたのかもしれません。

その頃、はじめて将来のことを考え仕事として何をするか。自分自身と真剣に向き合った時、私は今の仕事とはかけ離れた、フラワーデザイナーの道でした。横浜の生花店にて修業し主に婚礼飾花を担当しておりました。通常とは異なるデザインのブーケ制作を得意とし制作意欲を掻き立てられ、花の魅力に魅せられ、22歳の時一軒の小さいお花屋さんを開業しました。それから3年が経過し25歳の時、実家の葬儀社に就職しフラワー祭壇を作りはじめました。当時は白木祭壇が一般的でフラワー祭壇は、時々テレビで見る芸能人の葬儀の映像でした。フラワー祭壇を制作しながら葬儀の業務も行うようになりました。
当時は自宅で行うお葬式が一般でしたが、ご遺体搬送から通夜、葬儀の施行、司会進行など葬儀に係ることは全て引き受けておりました。

それから数年後、新聞で目に留まったペット葬儀の記事。脳裏に昔飼っていた動物たちのこと、生花店の時に時々作ったペット用お供えアレンジ、そして葬儀社としての私、全てが線として繋がり、自分が目指す道はここにあると直感的に感じました。

27歳の時、ジャパンペットセレモニーを設立し、「家族同様にお見送り」を理念に掲げ、動物たちと一緒に暮らせる環境が整った現代社会の中、最期のお別れの際の不安や不便を解消し、ご家族様の希望に沿ったお別れの提案をさせていただくことを目的としました。ペット葬儀に関わる全てのニーズにお応えし、業界の責任ある一員としての責任と自覚を持ち、ご家族を亡くされた悲しい気持ちから、新しい第一歩が踏み出せる前向きな気持ちになっていただく為には、後悔しない納得したお別れのセレモニーが必要であり、区切りが必要であると感じます。ご依頼主様のそれぞれのお気持ちを真摯に考え、人と動物が共生する明るい未来を創造していくことをお約束させていただきます。

ジャパンペットセレモニー代表取締役 藤本政光